自分でやる温熱療法
自分療法のススメ
ホームふくらはぎ療法(ふくらはぎマッサージ)温熱療法がん情報(癌情報)今日の健康オタク今日の医学英語

ホーム > 温熱療法 > 総合案内

温熱療法は代替医療の要

最近では統合医療とともに代替医療が注目を集めています。代替医療の代表的なものに温熱療法があります。温熱療法とは体を温めることによって血液の循環を促し、病気の回復能力を高める治療方法です。

人間の体は冷えると血液の循環が悪くなり、さまざまな不調が現れます。肩こり、腰痛、頭痛、疲れ、内蔵機能の低下、生理通、生理不順などその症状は人によって多様です。


そういった不調は体を温めることで症状の改善が期待できます。それは体を温めることで血液の循環がよくなる他、神経がリラックスして質のよい睡眠につながり、ストレスや疲れを解消することができるからです。

もともと温熱療法はがん細胞が熱に弱いという性質に着目し、がんの代替治療として開発された治療です。がんの温熱療法には全身を温める全身温熱療法と、がん細胞とその付近を温める局所温熱療法があります。

がんと熱との関連性は昔から知られており、1960年代に本格的な研究が始まりました。近年日本の多くの病院で温熱療法が導入され今後が期待されている治療方法です。


三井式温熱治療器サポート

温熱マイスターが正しい使い方を教えます

体を温める。体温を上げることで病気になりにくい体になります。とにかく毎日注熱すること!注熱の仕方はとても重要。温熱療法を行なっているわたしたちが正しい注熱の仕方を教えます。詳しくはコチラ




総合案内
温熱療法とは?
温熱療法の効果
治療家の声
体験者の声
開発者三井と女子先生
三井式温熱治療器の使い方
三井式温熱治療器の仕様
特典プレゼント[期間限定]
お申込み方法
支払い方法・送料・配送
三井式温熱治療器を購入する
サポート

三井式温熱治療器の10大特典

温熱ドームの詳細はコチラ

ホーム | ふくらはぎ療法 | 温熱療法 | がん情報 | 三井温熱器